日常生活において電磁波の人体への影響はほとんど考えられません

電磁波は人体に悪い影響を与えるものだと考えている人が多いのですが、国際的保険機関で定められている数値の電磁波をあびるようなことは日常生活ではありえません。そのような一方的な危険性や安全性を伝えるのではなく、中立的な機関として電磁界情報センターが設立されて、国民に国際的に認められている正確な知識を発信しています。

高圧電線の下では高い電磁波を浴びると思いがちですが、実際にはドライヤーやテレビなどの家電製品と同じか、それより少ない量しか浴びることはありません。その量は20マイクロテスラ程度で、国際的保健機関で定められている200マイクロテスラには大きく及びません。人体への影響がありえるのは1000マイクロテスラ程度からと言われています。