昔から食べられている常食でした。

蜂の子は、クロスズメバチやミツバチ、スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の幼虫で、日本では山間部を中心に食べられているものです。昔から、貴重なタンパク源として常食されてきており、現在では高級珍味として缶詰や瓶詰めで売られているほか、サプリメントなどにもなっています。

メス蜂はローヤルゼリーや蜂蜜の生産に使われており、蜂の子は主にオス蜂の幼虫です。

主成分は、アルギニンやリジン、ロイシンなどのアミノ酸のほか、鉄やカルシウム、亜鉛やビタミン類などが含まれています。このサイトでは、そんな蜂の子を飲みやすい粉末状にして販売しています。清潔な環境と、台湾の雄大な野山で、有害物質や農薬の心配が無い、蜂は丸まると元気に育っています。粉末加工することで、栄養成分を壊すことなく新鮮な状態で届けられます。