電磁波による人体への影響について

現代では、日常生活への電化製品の需要はますます高まっています。それに伴い、電化製品から発生する電磁波が人体に及ぼす影響を気にしている方は少なからずいらっしゃるでしょう。電磁波が人体に影響するケースは大きく2つあり、ひとつは刺激作用とよばれるもの、もうひとつは、熱作用とよばれるものです。前者は、周波数が比較的低いものから発生します。電波のあたっている金属に触れると、電流が流れる現象がこれにあたります。この刺激作用は、周波数が高くなるにつれてなくなり、代わりに熱作用が起こります。冷蔵庫の表面が温かいのもこの作用です。

それなら、冷蔵庫は人体に悪影響ではないか、と懸念されるかもしれませんが、その心配はありません。

熱作用が体に影響する場合は、一般に、体温を1℃以上上昇させるときと言われています。そのようなものは、現在日常生活に存在せず、悪影響があったことの事例もありません。